平成26年長崎県生きがい作品展終了
以前より生きがい作品展へ向けての取り組みの様子をこちらで紹介していましたが全ての作品が完成し、長崎県美術館今月5日(木)より開催された「長崎県ねんりんピック生きがい作品展」も8日(日)に無事終了しました。

浦上デイからは書道・絵画・グループ作品を出展し、展示期間中は作品を出された利用さんとそのご家族を中心にたくさんの方々に足を運んで頂けたようで、「とても良かった」との声を多く頂いています。

絵画を出展された男性利用者さんの奥様は「主人作品が名前と一緒に飾ってあるのを実際に見てとても感動しました。誇らしかったです。」と凄く喜ばれていました。

書道ではレクの時間に練習し清書したものをデイ内に展示することもあるので日頃からよりいいものを書こうと真剣ですが、作品展では美術館に飾られ多くの人に見てもらえるという事でいつも以上に気合を入れ、納得のいくまで何度も書き直ししている方がほとんどでした。
b0147316_19474034.jpg


グループ作品は1年に1度の県美術館での作品展を目標に約2カ月前より沢山の利用者さんが力を合わせコツコツと作り上げる為、頑張った者同士達成感を共有することが出来ます。
作品展が終わってもまた何か作品を作りたいと生きがい作品展をきっかけに皆さんの新たな生きがいへの意欲も増しているようでした。
b0147316_19482182.jpg


展示期間中は地域の自治会や各居宅介護支援事業所、地域包括支援センターの方々から沢山のご感想を頂き感謝しております。






長崎市内のデイサービスセンター 「浦上駅前デイサービスセンター」
[PR]
by Urakami-Day | 2014-06-11 19:49 | Comments(0)
<< 音楽鑑賞会 作品展へ向け頑張っています!(... >>