落語
 7月30日(土)延期になっていた「落語」が開催されました!

 出演は、以前にも紹介した「濱の家 豆吉」さんです。

 ご利用者の皆さまに落語の話をすると昔を思い出されるようです。ある方は、「昔ラジオで流れてくる落語が楽しみでしかたがなかった」と言われ、とても懐かしんでおられました。

 当日の演目は「転失気」と「天狗裁き」です。

 「転失気」は、知らない事を知らないと言えず知っているフリをする、要はしったかぶりのお話で、和尚と小僧や医師のやり取りを、表情豊かに演じてくださいました。
 
b0147316_16494177.jpg

 また「天狗裁き」では、夢の話を知りたい様々な方と夢は見ていないと断固として言う主人公のやり取りを軽快に演じられ、最後は天狗にまで同じ事を聞かれ、それがさらに夢だったという何とも不思議な演目でした。
 
b0147316_16501125.jpg

  今回、落語の雰囲気を間近で味わう事ができ、懐かしまれた方もおられ、また今でもテレビでよく落語を見ている方もおられ親しみやすかったようです。

  デイのご利用者の方に合わせ、声も普段より大きめで演じて頂きありがとうございました。

  またいつでもお待ちしております!




長崎市内のデイサービスセンター 「浦上駅前デイサービスセンター」
[PR]
by Urakami-Day | 2011-08-01 16:53 | Comments(0)
<< 園芸活動 ロフリー夫妻来所! >>